お薦め

老眼治療とレーシックを同時に受ける場合

 今多くの人が抱えている病気の一つとして、視力の低下があげられます。
今までは勉強などをする時間が増えてくる、中学高校から大人にかけてメガネなどの視力矯正が必要になっていました。
しかし視力低下が子供の時期から始まるようになってきました。
今では高校生の6割が視力1.0未満だという結果が出ています。
0.3未満に関しても3割の子供が視力低下を訴えてきています。
これからますます、増えていくであろう視力低下に対して治療法も増えてきています。

そしてもう一つの視力の問題は、老眼です。
老眼は、目の中の水晶体の弾力が低下することでいて起きてしまう現象です。
早い人では、40代前半から徐々に近くのものが見えにくくなるというった症状が出てきます。
特に50代になると、老眼だというはっきりとした症状が誰でもおきるといわれています。
ただし進行の仕方などは、人それぞれ違ってきます。
進行が早い人ほど、毎回老眼鏡の買い替えなどの視力調整が必要になります。

これら二つの視力低下は、今後年々増加していく状況だといえます。
そんな人にとって、裸眼での生活ができる方法がレーシックによる治療法です。
特にレーシックの場合は、一度の手術で近視や遠視、乱視などの視力低下と老眼治療を同時に行うことができます。
近視、遠視、乱視に関しては、角膜を薄く削りフラップという部分を作ります。
そして眼球にレーザーを当てることで、屈折率をかえていきます。
屈折力をかえることで、視力の調整していきます。
その後、先ほど角膜を削って作ったフラップの部分を、元に戻して治療は完成します。

老眼治療の場合は、今一番効果があるとされているカメラインレーという方法がお薦めです。
これは黒いリングうぃ眼球ナに入れることで、必ず狭いリングのを通って光を取り込みます。
なのでピンホール効果が生まれ、視力の焦点が合う範囲が広くなります。
この方法はレーシックの治療で、レーザーを当てて屈折率をかえた後に、リングを入れるだけです。
しかも片目のみに入れるだけで済みます。

一度の手術で30分以内で終わるので、体への負担も大幅に軽減されます。
老眼でお悩みの方は、一度検査をしてみることがお薦めです。
その時に視力低下も同時に発覚した場合は、レーシックでので術も一緒に行うといいでしょう。