お薦め

日本初のレーシック専門眼科

今メガネやコンタクトなどで、視力矯正している人がとても増えています。
外見的に見たらめがねをしていたら、視力矯正しているとわかります。
でもコンタクトの場合は、外見から見ても視力矯正しているのかどうか分かりません。
なので、メガネ人口だけでも多いと感じる今の時代に、コンタクト人口まで入れたら多くの人が対象に当てはまります。
ここ数年メガネ専門店の種類や店舗が増えてきたのも納得できます。

ただし視力矯正といっても、メガネとコンタクトだけではありません。
ここ数年はレーシックという方法が、とても注目されています。
他の視力矯正との一番の違いは、裸眼での生活が可能になることと手術をするということです。
裸眼での生活のメリットと手術のリスクを考えて、悩まれる人が多いです。

最近では有名スポーツ選手や芸能人がレーシック手術をしたことを公表したことで、レーシックが広く知られるようになりました。
また価格も保険適応外になります。
当初は両目で50万~100万ととても高額で、一般層にはすぐには広まりませんでした。
しかし今では技術の進歩もあり、価格も両目で10万以下でできるクリニックもあります。

そんな革命的なレーシックを専門的に行うクリニックも増えてきました。
専門的に行うというほど、需要が高くなっている分野ということができます。
かくめてきなレーシックという治療法を、初めて行ったのが錦糸眼科です。
錦糸眼科の院長が1996年に初めてレーシックという治療法を行いました。
レーシック界におけるパイオニア的な存在です。
最新技術の導入はもちろんのこと、技術の定評と信頼感が他とは違います。
マキシレーザーなどの視力調調整の専門も医師がいるのは、錦糸眼科だけです。

また日本だけではなく、海外での評価も高いです。
アメリカの学会でゴールドアワー賞を受賞したり、2006年にはワールドトップドクター賞を受賞しています。
現在においても視力回復関する様々な研究をしながら、日々レーシックの進化に携わっています。
錦糸眼科も全国で6つのクリニックを開設しています。
主に重要都市部が多いので、全国からの患者さんを受け入れています。

また経済評論家の勝間和代さん、松嶋尚美さん、阿藤快さんなどの数多くの著名人も錦糸眼科でレーシックを行っています。
柔道家の鈴木桂治さんや元プロ野球選手の高津臣吾さん、レーシングドライバーの山岸大さんらもレーシックを受けています。
特にスポーツ選手は、目に負担がかかりやすく、視力回復がプレイにも大きく影響します。
なので一流選手が決めた錦糸眼科の信頼感は、他の患者さんにとっても安心感を与えてくれます。

近年話題となっているレーシックですが、やはり目の手術ということで失敗したらその後の人生に影響を与えるかもという不安を抱いている人もいると思います。
こちらにこの視力回復手術を受けるメリット・デメリットが載っています。


また、安全性についてはこちらで解説されています。