お薦め

完全オーダーメイドレーシック

近年視力低下に伴い、視力回復の方法としてレーシックが注目されています。
日本でのレーシック施術が始まってからまだ20年という短い歳月ではあります。
当初レーシックは、両目の施術で50万から100万以上という高額でした。
なので一般的にはなかなか広まるまで時間がかかりました。

今ではあらたな視力回復法として、多くの人に認識してもらえるようになりました。
大きな要因の一つに、かかくが抑えられたことにあります。
やすいところでは、両目で10万以下で行うことができるクリニックもあります。
低価格で行える要因は、機械の導入により安定した技術と多くの手術回数が行えるからです。
機械導入によりクリニックでは、多くの負担を抱えます。
しかしその分施術の安定性や施術の人数を大幅に増やすことで、価格の引き下げが可能になります。

レーシックが広く浸透したのには、もう一つの理由があります。
それは、施術方法が多いということです。
先程の例に挙げた、低価格のレーシックに関しては、とてもベーシックな対応のものです。
レーシックを受けるにあたって、必ず適応検査と医師による診察が行われます。
その時の目の状態により、様々な治療法の選択ができます。
それはもちろん目の状態によって受けれる受けれないといった、選択肢もあります。
また術後の希望する目の状態によっても異なります。
たとえば、最低限不自由のない生活が遅れればいいという人、スポーツをしている人、デスクワークが多い人など様々です。
術後の生活の様子によって、目の環境の違いも出ますし、視力の回復度も違います。

その人その人に合わせたレーシックの方法を選ぶことができるのが、完全オーダーメイドのレーシックです。
やはり治療法の中では、どのクリニックでも一番高額なプランになります。
それでもレーシック当初に比べて、30万前後から40万以内で行えるものが多くなっています。

完全オーダーメイドの一番のメリットは、視界がよりはっきりとすることです。
通常のレーシックよりも、より正確に個人のデーター基づき視力調整つが可能な最新機器を使用しています。
なので、視力の質をより求める人にはお薦めです。

また施術の安定性や正確性も高まります。
個人の目の状態に合わせてラップの薄さの調節が可能になります。
またラップの作成もわずか10秒で行うことができます。
術後の症状も緩和されることが多いです。
ハローげんしょうやグレア現象などをなるべく抑えることができます。

そして何より、一般的なレーシックでは施術が難しいとされた人でも、完全オーダーのレーシックならば可能になります。
必ずしもすべてではありませんが、今まで安易にあきらめてしまっていた方でも、治療の可能性が広まったといえます。

せっかく勇気を持って治療をすると決めたのであれば、余裕があるのであれば完全オーダーがお薦めです。
満足度と安心感をごの施術方法よりも感じてもらえます。
レーシックで改善できる不快な症状がこちらに載っています。