お薦め

カメラインレーとは

視力低下が深刻になっている現代において、治療法の一つとしてレーシックという方法が新たな治療法として注目されています。
視力回復したいと思う人は、年代も違えば症状も違います。
レーシックはそんないろんな症状に合わせて、治療できるので治療の選択肢として考える人がとても増えてきています。

中でも年齢とともに必ず視力回復の悩みの一つに、老眼があげられます。
老眼は早い人では40代前半から、だんだんと症状が出てきます。
30センチ以内のものが見えにくくなり、新聞や本など文字を読むときなどは特にぼやけてしまいます。
なので、老眼鏡をかけて視力調整する必要があります。
最近では高齢になるとほとんどの人が、老眼になります。
今までメガネをかけていた人は、老眼鏡をもうひとつ作り使い分けなければいけません。
それかもしくは、メガネ自体を作り替える必要があります。

そして今までメガネを使ったことがない人は、初めてメガネを使うという新しい生活スタイルになります。
今までメガネに慣れていない人は、メガネがないとモノが見れないということ自体が面倒に感じてしまいます。
またメガネを長時間かけていることで、鼻や耳への負担、さらには頭痛や肩こりを起こす人もいます。

そんな老眼で煩わしさを感じる人が、レーシックによる老眼治療を行っています。
中でもカメラインレーという方法が、老眼治療に最適だといわれています。
大きな理由は二つあります。

まず一つ目は、手術に関して体への負担が少ないことです。
カメラインレーは、黒いリング状の物体を角膜内部に入れることを指します。
この黒いリングが、ピンホール効果を生み出し、視力のピントが合うので老眼に効果がうまれます。
いままでは、角膜すべてで取り入れていた光を、黒いリングの狭い部分を光がとおっていくことになります。
すると焦点の範囲が広くなり、視力回復へとつながります。
他のレーシックの手術に比べて、角膜の入り口を少し削るだけで済みます。
また両目の手術ではなく片目の手術になるので、より術後の症状が軽減されます。
同時に近視などで悩んでいる方は、レーシックの手術も可能です。
なので一度で、視力すべての問題を解決することができます。

二つ目は、視力の回復の仕方です。
今までレーシックでの老眼の治療法では、術後遠くのものを見る視力が低下する傾向がありました。
しかしカメラインレーの場合は、近いものは見えやすくなるのはもちろんですが、遠方の視力も落とさずキープできます。
なので近距離、中距離、遠距離すべての場合において、視力回復ができます。
なので今一番老眼の治療法として適しているといわれています。
手術時間も15分程度で済みますので、裸眼の生活を手に入れるためにもお勧めの方法です。
こちらにはレーシック手術にかかる費用の相場価格が紹介されています。





↑こちらでは評判の良いクリニックが紹介されていますので参考にしてください。