お薦め

40歳からのレーシック

視力矯正の方法は今までコンタクトやメガネが主流でした。
しかし最近では、レーシックという方法が注目されています。

特にレーシックを受ける際に悩まれるのが、40歳からのレーシックを検討している人です。
仕事上デスクワークが多い人は、20年近く近視で悩みながらも仕事をしてきています。
視力だけでなく、ドライアイなどの目の悩みもあります。
20年以上そんな悩みに向き合っていると、レーシックという手段を考える人が増えています。

近視の症状がある程度落ち着くのが、20代後半から30代といわれています。
なので、30代でレーシックを受ける人が増えています。
40代になると人によっては、老眼の症状が表れてきます。
そこで心配になるのが、レーシックを受けると老眼が早くなるといった考えが広まっているということです。

そもそも近視と老眼は、目の症状が全く違います。
近視は、屈折異常によってピントがうまく合わず、見えにくいという症状です。
老眼は、年齢による水晶体が衰えてしまい、ピントが合いにくくなり近くのものが見えにくくなる症状です。
原因が違うので、レーシックを受けたとしても、老眼で症状が出る人はでるということです。
老眼についてはこちらにもっと詳しいサイトがあります。


症状が出るということは、結局は近くのものを見るときに老眼鏡がいるということになります。
それでは、レーシックの最大のメリットである裸眼での生活が送れなくなります。
そこで最近のレーシックでは、40代に併発しやすい老眼に対しても効果がある手術法があります。
それが、遠近両用眼内レンズです。
近くのものも遠くのものも見えやすくなります。
すでに老眼の症状も出ている人には、近くものものだけでなく、中距離、遠距離のものすべてにおいて見えやすくなります。
スポーツなどでゴルフを楽しみたい方、パソコンなど仕事で長時間使う方などにはお勧めです。

また他にも、軽い近視の状態で仕上げておくという方法もあります。
裸眼で0.8ぐらいの視力に調整することで、老眼鏡を使うことなく日常生活にも不自由なく過ごすことができます。
しかし、レーシックによって、高い視力禍福を求めている人には、手術後のクリアさは期待以下だなと感じてしまいます。

その他にもモノビジョンレーシックという方法もあります。
片眼を近視で残しておき、もう片方を遠距離を見やすくする視力矯正をします。
遠視で悩んでいる人にはお薦めの方法です。

一番は、まず自分の目の症状をしっかりと把握することです。
中にはレーシックを受けれない人もいます。
受けられる人、受けられない人についてはこちら

その人によって、合う方法が違ってきます。
これだけの選択肢が増えてきておるので、どんな症状でもレーシックで視力回復が可能になりつつあります。